船に弱い人も安心!屋形船に酔わない方法とは

盛り上がる席での船酔いは勿体無い

公私共に屋形船に乗れる機会というのはそうそうありませんよね。船上から様々な都会の景色を楽しみつつ、時として打ち上がる花火を堪能しながら美味しいお酒や食事が楽しめるのですから、絶対に良い思い出にしなければ勿体無いというものです。ですが船に弱い人はたとえ動揺の少ない屋形船であろうとも、いとも簡単に船酔いしてしまうもの。これを防ぐには幾つかの有効な方法があるのです。事前準備が必要な対策もありますし、船上で咄嗟に出来る対策もあるもの。幾つかの方法を覚え使い分けるのがベストでしょう。

十分な時間的余裕があれば酔い止め薬を

一般的な船酔い対策として最も有効とされているのは、乗船前に余裕を持って飲んでおく酔い止め薬である事に異論を唱える人はいないでしょう。それだけ船酔いに最も効く方法として認知されており、また誰でも簡単に行える方法なのです。製品によりその効能が発揮され始める時間や持続時間に差がありますが、概ね乗船する前日から飲み始めれば十分な効果が得られるでしょう。また船上でも服用可能な頓服タイプの薬を持参すると安心感が違います。

目の前の物体を凝視せず周囲の風景を楽しむ

目の前の料理やお酒に集中するのは良い事ですし、それにより逆に全く船酔いを感じなかったというケースは多いもの。ですが無理をして目の前の物体を凝視し続けると、ちょっとした動揺で船酔いを起こしてしまうリスクが高くなるものです。そこで外の風景に目をやってみましょう。屋形船のシーズンは桜や花火も美しく、何もイベントが無くとも闇夜に浮かんだ都会の幻想的な風景が魅力的。これらを海上からゆったり眺める滅多に無い機会を十分に堪能するという事は、遠くの風景に向けて視野を広げる事にも繋がり、実に有力な船酔い対策にもなってくれるのです。

景色のいい海辺や川辺には、屋形船が運航しています。特に、船内に出される料理は、とても美味しく頂けることで、とても人気のある船舶です。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.