これだけは気をつけて!機械式時計初心者が心得ておくべき手入れの認識

初心者には及びもつかない機械式時計の手入れ

機械式時計にはかかる手間に比例した味わいがあり、常にこれを求める人が絶えません。大人のステータスとして初めて購入する人もいるかもしれませんが、初心者では及びもつかない手入れに対する認識が求められるため、故障させてから「あぁそうか!」と思い知らされないように気をつけておかなければなりません。まず第一に、機械式時計は使った方が結果長持ちします。タンスの肥やしでは、いざという時に動いてくれないので注意しておきましょう。

毎日決まった時間に決まった分量だけゼンマイを巻く

機械式時計はゼンマイを巻いた状態であることが前提で、各部品が組み立てられています。従って、必ずゼンマイを巻かなければ十分な保守が行えないわけですが、ゼンマイにも巻きムラが生じては安定的で長期的な保守を実現できません。そのためには、毎日しっかりと決まった時間にリューズが止まるところまでゼンマイを巻くようにしなければなりません。面倒くさいと思う人も多いかもしれませんが、こうした手間が機械式時計の醍醐味の一つでもあるのです。

深夜0時前後にカレンダー合わせを行わない

機械式時計の保有者であれば常識ですが、初心者で意外に知られていないのが、夜9時前後から日付け変更をまたいで深夜の3時前後まではカレンダー合わせを行ってはいけません。この時間は、日付送り歯車が噛み合わせられてカレンダー円盤を動かすように待機している時間帯であり、人が手動でカレンダーを送ってしまうと、調子が狂ったり歯車に余計な負担をかけて故障の原因となってしまいます。日付け送りはこの時間帯を避けるか、時計の短針を直接回して調整するようにしましょう。

ブシュロンはフランスの老舗ジュエリーのブランドです。そのコレクションは1858年の創業以来、ヨーロッパ各国の王侯貴族に愛されました。日本ではブライダルリングが人気です。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.