東京土産に学ぶ売れるお土産の名前の付け方とは

まず、その地域の名前をお菓子につけよう

もともと、東京のお土産として定番のものはありませんでした。それに比べると、地方のお土産の方が定番とされるものがあったのです。お土産の名前に、買った地域の名前が入っていると、もらった人もどこから持ってきたお土産であるか分かりやすいというメリットがあります。売れるお土産にするには、そうした名前に関する工夫も必要なのです。洋菓子にしろ、和菓子にしろ、名前にその地域を示す言葉が入っていると定番のお土産になりやすいというメリットがあります。

お菓子に使われている原材料の名前も入れよう

さまざまなお菓子が東京には売られています。美味しいものもそうでないものもありますが、お土産の定番とされるためには、そのお菓子の原材料の名前がネーミングに含まれているといいでしょう。たとえば、栗が入っているなら「東京マロン」と名付けたりするといった感じです。そうした工夫をすれば、どんなお菓子であるかがすぐに分かりやすく、お土産をもらった人もお菓子の雰囲気を理解できます。さらに、食べてみて美味しければとても満足してくれるはずです。

お菓子の名前をちょっとひねるのもコツ

定番的なお土産とされるお菓子には、やっぱり工夫されたタイトルがつけられているものです。「東京マロン」であれば、「東京まろん」というふうに「マロン」という文字をカタカナからひらがなにするだけでも受ける印象が違ってきます。ひらがなにした方が、何となく見た感じが優しくて女性的な雰囲気を与えることもできます。たとえば、若い女の子なら、「可愛い!」と言ってくれそうな雰囲気があるのです。売れるお土産のタイトルには、このようにさまざまな工夫がなされています。

カンパネラ(campanella)とはイタリア語で鐘のことを指し、特に小さい鐘のことを言います。正しくはカンパネッラとneにアクセントが付きます。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.