壁面緑化の目にも優しいエコ効果を知ろう!

壁面緑化ってどんなこと?

壁面緑化とは壁を緑で覆い緑化することです。甲子園球場のツルで覆われた外壁を見たことがある方も多いでしょう。街中の学校や病院などでもみかけることができます。このツル状の植物で覆うことで表面温度が下がり、熱の照り返しや室内の冷房負担が軽減されるなどの効果があります。このようなヒートアイランド対策に有効であり、尚且つ屋上緑化より面積も広く人目にふれやすい場所にあるために注目されてきています。広い壁面が緑で覆われていると見た目にも涼しく、安らかな気持ちになりますよね。

壁面緑化の方法や植物は?

設置する壁面の状況や温度や日照、風など様々なことを考慮に入れて適切な植物や方法を模索して緑化していきます。適している植物は大きく分けて多年草・木本性植物・つる性植物となっています。また常緑植物を使用方がよく、落葉性植物は冬場は景観が損なわれ、枯葉などが落ちるデメリットもあります。方法は登はん型という壁面にワイヤーやネットを張らせその上に植物を這わせる方法、下垂型という壁面の上部にプランターなどを置いて上から植物を垂らす方法、基礎造成型という壁面にプランターや植栽の基盤を設置して登はんや下垂させるデザインをある程度設定できる方法など様々な方法があります。

壁面緑化には素晴らしい効果がたくさん

壁面緑化には上に述べたヒートアイランド対策や冷房効率アップの他にも様々な効果があります。建物が緑で覆われていると温度の変化で起こる急激な膨張や圧縮で起こるひび割れを防ぐことができ、紫外線もカットすることで建物そのものの寿命が延びます。緑が増えれば大気の状態も良くなり空気を清浄してくれる効果も大です。また、企業などの場合はイメージアップや宣伝効果につながりやすくなるでしょう。人々の目にも優しく癒し効果を与えてくれ、人の集まる場所となる効果が期待できます。

壁面緑化とは、建物や構築物の壁面に植物を植えたりシダを這わせたりするもので、景観を良くしやすらぎを感じさせるとともに、ヒートアイランド対策等、今、環境改善の有効な方法として取組みが進められています。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.