機械式時計は手入れや保管場所によって寿命が変わります

電磁波の強いところには保管しないようにしましょう

機械式時計は精密機械なので、電磁波を浴び続けるとパーツが変形する恐れがあります。マイクロ単位で設計されているので、パーツが変形すると被害が拡大していき最悪の場合は、機能しなくなる可能性もあります。電磁波の強力な場所として、テレビやパソコンの付近が上げられます。保管する時はなるべく離れた場所にしましょう。また、パソコンで作業する時はなるべく腕時計を外す様にしましょう。些細な気遣いで時計の寿命は延びます。

防水加工されていても注意が必要です

よく勘違いされるのが、防水加工された機械式時計です。セールスレターに「深海300メートルでも耐えれます」と書かれているので濡れた状態で放置されるケースが良くあります。防水加工されているとは言え、濡れた状態で放置されていると確実に錆びます。しかも内部から腐食していきますので気付かない事も良くあります。そうなれば修理不可能になりますので、濡れた機械式時計は細目に拭き取るようにしましょう。防水加工とは拭き取れば壊れないという認識を持つ事が重要です。

必ずオーバーホールは行いましょう

機械式時計で避けて通れないのがオーバーホールです。オーバーホールとは腕時計を分解して、摩耗したパーツや劣化した潤滑油の交換をす事です。高級時計は一回目はサービスでオーバーホールをしてくれるお店もあります。パーツや潤滑油の交換が必要な理由ですが機械式時計は24時間365日動き続けているのでダメージが蓄積されていくからです。オーバーホールの目安は3年から5年で、購入した時計屋さんから案内が来ます。店頭に持ち込めば、オーバーホールが必要かどうかの判断をしてくれますので、案内を見落とさない様にしましょう。

グランドセイコーは日本の時計メーカーであるセイコーの高級ブランドです。特筆すべきはその品質で、スイス製高級時計の証であるクロノメーター規格より厳しい品質規格が設けられている事で有名です。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.